資格もある民間の市場調査の種類

Calendar

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Category

市場調査の種類とその目的

市場調査とは、名前の通り、市場を調べることですが、なぜ市場の調査をするかと言うと、企業の製品や商品を販売する時に顧客のことを調べることで、売上げを伸ばす目的があります。市場調査をする時には目的を明確にして進めることをしないと計画性がないとデミリットになります。目的と、期間、どこまでするか、どんな方法で行うか、予算はいくらぐらいまでにするかなど、はっきりと計画をもって市場調査をしていきましょう。
市場調査でも色々な種類があります。一番思いつくのがアンケートではないでしょうか。金銭面では安く抑えることができますが、適切な回答が返ってこなければ正しい市場調査ができないことがあります。対面調査の市場調査は、じっくりと聞くことはできますが、ひとりひとりに時間がかかるので多くの人数を調査したい時には向いていません。
郵送調査は、アンケートを郵送で答えてもらうもので、郵送するのに費用がかかり、返信しない人も多くいます。電話調査は電話で直接聞くものですが、営業電話だと思い、調査自体ができない場合があります。最近ではネットが普及し、インンターネットでの調査が増えています。郵送や電話よりは費用が安くすみますが、年代によってはインターネットができない人もいるので回答ができる人が限られてきます。

完全お客様目線な覆面調査

市場調査において最もアナログで、かつ最もダイレクトにイメージが浮かぶ方法、それが覆面調査です。なんだかスパイみたいでカッコいい響きですが、市場調査の中でもかなり昔から行われてきた歴史の深い調査方法です。巨大化したチェーン店やフランチャイズの経営などになりますと、実際に従業員がどのように働いて商品が提供されているのかを企業の上層部は知りにくくなってしまいます。
また、アンケートやPOSデータなどからの分析ではビッグデータとなりすぎて、お客様から見た印象を実像として掴むことは難しくなります。そのため、一般の方に依頼し、お客様の1人としてお店でサービスの提供を受けてもらい、その感想や店頭の様子などを完全なるお客様目線で評価し依頼主に報告します。この方法ですと具体的な誰かが、店舗でどのようなサービスを受けどのような印象をもったかよりクリアに伝えることが出来ます。
この、覆面調査で訪れる人のことを、ミステリーショッパーと言い直接サービスが受けられる近隣の方などの一般の方が請負うことが多いといいます。この方法は、ファーストフード店や金融機関、また医療機関などでも利用され、今や覆面調査士という民間の資格が存在するほどの王道な調査方法となっています。

製品の受容性やニーズを把握するユーザーニーズ調査を行います。 各種の産業分野で広い知見と高い専門性を有しています。 サービス、流通、IT業界などの調査も承っております。 建設、土木、電気通信工事、住宅、不動産などの業界の調査ならお気軽にご連絡くださいませ。 マーケティングリサーチによる市場実態の把握および経営資源の分析に基づいてコンサルテーション業務を行います。 あらゆるニーズ・課題に対応する市場調査はこちらから

List

2017年08月03日
より成果の高い市場調査を更新しました。
2017年08月03日
顧客の二ーズを正確に把握するマーケティングを更新しました。
2017年08月03日
市場調査で新たな商品が生み出されるを更新しました。
2017年08月03日
正確に消費者の動向を把握を更新しました。

Copyright(C)2017 消費者のニーズをしっかりと把握できる豊富な市場調査法 All Rights Reserved.