より成果の高い市場調査

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Category

マーケティングに必要不可欠

多くの企業が新製品の改良、開発に生かすため市場調査を行います。顧客から自社製品に対しての意見や不満をあげてもらいます。顧客の声を聞くのは製品の改良、改善点、売り上げアップに必要です。よい製品を作り、売り上げに繋げる。幾つかの方法があります。一般的にアンケートが多く、インターネットを利用しての調査が挙げられます。インターネットによるアンケートは広範囲にたくさんの意見を集める事が可能です。
質問量が多ければ、郵送によるアンケートがあります。時間をかけて詳しく調査をおこないたい場合はインタビューによる調査があります。1対1で行う場合、複数の人を集めて行う場合があります。市場調査は事実調査と仮説調査の2つに分けて行うものです。事実調査とは今後の参考が目的です。
仮説調査は製品の欠点等を分析、検証するのが目的です。企業にとって価値ある回答を1つでも多く集める必要があります。大量のデータが必要になりますので、時間も費用も当然かかってきます。たくさんの人が関わるのでしっかり計画を立て、調査を行う必要があるのです。市場調査で得た情報は集計、分析され企業の発展に生かされます。このように市場調査は、マーケティングや製品開発、改良、改善に必要不可欠なのです。

一貫した調査が可能

市場調査を万全に進めるには、開始からアンケートの集計、最終的な分析まで、一貫したコンセプトが必要です。そのコンセプトを調査に関わる人間が全員の共通意識としておくと、より効果的な市場調査を行うことが可能です。そのために出来る具体的な対策が、調査に携わる人間が、何をやるべくしてこの調査を行っているのかを整理するためのシートを持っておくことです。書式は様々ですが、一枚のエクセルシートや用紙を準備しましょう。
そして調査を行う際に必要となる5W2Hを書き出した上で調査に関わる全員の目に見えるところに貼る、もしくは全員が所持しておくとブレずにコンセプト化され、調査を行えます。5W2Hの例として…担当部署○○事業部(Who)が、再来月にかけて(When)、店舗に訪れたお客様を対象として(Where)、次四半期に向けた売り上げ拡充のため(Why)売価適正化のためのアンケート調査を行う(What)。
先着500名のお客様に対して(HowMuch)、プレゼントが当たる抽選券つきのアンケート用紙を用いて、その場で記載してもらう(How)。上記のように文面化、もしくはそれぞれを箇条書きにしたものであれば端的に関わる人間が理解しやすく、最後まで一貫した調査が可能となります。市場調査を一つのプロジェクトとして効果を出すためにより具体的に関わる人間すべてにコンセプトをアナウンスしておきましょう。

Copyright(C)2017 消費者のニーズをしっかりと把握できる豊富な市場調査法 All Rights Reserved.